DPC用語集

換算単位(カンサンタンイ)

①在庫を表す単位の一つで、「在庫情報」が捉えている数値を表している”管理単位”ではないもう一つの表現単位です。
 使い方としては2つあり、その一つは”見て分かる単位”としての使い方です。これは通常、部品・製品の在庫数は"個"で管理されることが多いですが、(特に小物は)"箱"や"袋"に定量の収容数で取り扱われることがあります。この時は実際の”目で見る管理”としては”何個ある、よりは何箱ある”の方が管理しやすくなります。このために「在庫表」での表現や「実棚処理」時の調査数は、管理単位の値でも換算単位の値でも両方が取り扱えるようになっています。
 もう一つの使い方が「取引」時(多くは受入)に取り扱う数量が[取引単価]のせいで、在庫移動に使われる”管理単位”の値でない時に、”換算単位”をこの時の単位として使います。(これを”取引単位”といいます)

【使用例】
①収容器による単位
  上記のように管理単位の"個"に対して、"箱"、"袋"、等
  液体やペレットのような素材重量の"KG"に対して、"缶"、"箱"、"袋"、等
②形態による単位
  定尺の鋼板/鋼材のような素材重量の"KG"に対して、"枚"、"本"、等
    この素材に関しては”管理単位”のところでも説明してありますが、
    ”管理単位”と”換算単位”がひっくり返ることがあります
  テープ等の巻物系の素材では"mm"に対して、"巻"、等
③[取引単価]による単位
  小物メッキのように在庫上の”管理単位”は"個"だが、[取引単価]は"KG"あたりの重量単価
  鋼板/鋼材のような素材は、多くは[取引単価]は"KG"あたりの重量単価です
    この時在庫も重量で管理していれば換算の必要がありませんが
    在庫の”管理単位”が定尺品目で"枚"や"本"の時は、”換算単位/取引単位”として"KG"を使います
TOP