DPC用語集

取引単位(トリヒキタンイ)

①物の取り扱うときの単位の一つで、「取引」時(多くは受入)に取り扱う数量が[取引単価]のせいで、在庫移動に使われる”管理単位”の値でない時に、”換算単位”をこの時の単位として使い、これを”取引単位”といいます。

【使用例】
①小物メッキのように在庫上の”管理単位”は"個"だが、[取引単価]は"KG"あたりの重量単価
②鋼板/鋼材のような素材は、多くは[取引単価]は"KG"あたりの重量単価です
    この時在庫も重量で管理していれば換算の必要がありませんが
    在庫の”管理単位”が定尺品目で"枚"や"本"の時は、”換算単位/取引単位”として"KG"を使います
 
TOP